「善知鳥」あらすじ

諸国一見の僧が陸奥(青森県)の外の浜に行く途中、越中(富山県)の立山に立ち寄る。
山上の地獄さながらの有様を見て、その恐ろしさにおののきつつ下山すると、
麓で一人の老人に出会う。
老人は、「陸奥へ行くのであれば、去年の秋に死んだ外の浜の猟師の家を訪ねて、
蓑笠を手向けるよう伝えてほしい」と頼む。
そして証拠にと、老人は着ていた麻衣の片袖を解いて渡し、僧が立ち去るあとを
見送りつつ姿を消す。

僧は外の浜の猟師の家を訪ね、妻子に老人の伝言を語る。
妻は驚きつつも亡夫の形見の衣を取り出し、僧が預かった片袖を合わせてみると
ぴたりと合う。
やがて僧が蓑と笠を手向けて回向していると、猟師の霊が現れる。
亡霊は、後世の報いも忘れて殺生に明け暮れ過ごした在りし日を語り、
諸鳥の中でも親子の愛情が深いと言われる善知鳥を殺した罪を懺悔する。
冥土で化鳥となった善知鳥に追いかけられ地獄の責め苦を受ける様を見せ、
どうか自分を助けてほしいと僧に弔いを頼みつつ亡霊は消え失せる。


 

 

 戻る